おかずクラブゆいP外出自粛でやせるも「えっ!?うそでしょ」

お笑いコンビ麒麟の川島明さんとおかずクラブが6月17日に行われた「みんなで選ぶTSUTAYAコミック大賞」授賞式のプレゼンターとして出席しました。
読者のツイッター投票で選ばれた受賞作品10作品が発表され、第4回目となった今回は遠藤達哉作さんの『SPY×FAMILY』が大賞に選ばれました。

ゆいP外出自粛で約30キロ減

ソーシャルディスタンスを保った状態で行われた今回の授賞式に、ゲストとして出席した川島さんとおかずクラブさん「久しぶりに人前に出てきました」と笑顔の川島さん。

司会の(お笑いタレント)タケトさんから「ステイホーム期間中、会わないうちに丸くなりましたよね?球体みたいな…」といじられたオカリナさんは「ちょっと見当違いですよ。5キロやせましたから」とドヤ顔に、ゆいPさんも「私もこの期間中に27、8キロやせました。ありがとうございます」と報告するも会場ではまさかの無反応に「誰も何も反応しない。うそでしょ?」と苦笑。

「わからない…」「えっ!? うそでしょ」と見た目があまり変わらないゆいPさんに周りもざわつき困惑。川島さんから「なんでそんな大胆なウソをつくんだろう」と言われたゆいPは「嘘じゃない! 私、外出自粛前は121キロまでいっちゃったんですよ。2ケタ台まで落としました」と激太りをしてたことも告白。

すると川島さんは「セルの爆発寸前みたい。よく戻って来られたな。第3形態くらいまでに」とドラゴンボールのネタで笑わせていました。

大賞の「SPY×FAMILY」

諜報任務に取り組む凄腕スパイ「黄昏(たそがれ)」「家族を作り、とある名門小学校に潜入すること」。 新たなミッション為、妻は殺し屋の女、娘は超能力者と互いに正体を隠した仮初めの家族をつくり、世界の危機に立ち向かうホームコメディーです。

オカリナ「全員がそれぞれの能力を発揮するところが、読んでて爽快感があります。偽りの家族がどういうふうに家族になっていくのか、それともならないのか。今後がすごく楽しみです」

ゆいP「それぞれ秀でてるところがいっぱいあるんですけど、欠落してるところもあって、それを1つの家族になることによって補い合える関係って面白いなと思います」

川島さん「恋愛もある、家族の愛もある、アクションもある。ストーリーの面白さもあるって、マンガの集大成みたいな作品なんです。完璧なマンガ!」と大絶賛していました。

「SPY×FAMILY」の作者遠藤達哉さんから「今回こうしてTSUTAYAさんに作品を取り上げて頂ける日が来るなんて、何だかとても感慨深いです。本作はこれからもまだまだ続けていきたいと思いますので、より一層楽しんで頂けるよう頑張ります」とメッセージが寄せられていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です