広瀬すずも感動した「夢」59歳漁師の奇跡ピアノ

明石家さんまさんと中村玉緒さんが司会の特番「さんま・玉緒のお年玉!あんたのをかなえたろかSP」

インターネットや手紙、街頭インタビューなどで全国各地から募集した「かなえたい夢」を、10000件以上の中から当選した方の夢を実現させていきました。

59歳の漁師の夢は

世界屈指のピアニストのフジコ・ヘミングさんに、自分のピアノを聴いてほしいと言う59歳の漁師さん。

クラシックには全く興味がなかった男性(59歳の漁師さん)は、7年前にフジコ・ヘミングさんが弾く「ラ・カンパネラ」に出会い、そのピアノ演奏に衝撃を受け、無謀にも自分もフジコ・ヘミングさんみたいに「ラ・カンパネラ」を弾きたいと52歳からピアノを始めたとい言います。

ピアノ講師をしている妻から「私でも弾けないのに、あなたは100%絶対にムリ!」と言われ、楽譜さえ読むこともできなかった男性は「(男の意地で)この曲を弾きたい!」と練習を決意し、音を指に覚えさせながらの1日8時間の猛特訓を7年間行い「ラ・カンパネラ」を覚えたと言います。

奇跡のピアノに広瀬すず涙

「絶対にかなえられない夢かな」と語る男性に、番組はサプライズでフジコ・ヘミングさんとの対面の場を用意。そしてプロのピアニストでさえ敬遠するという超難解な曲「ラ・カンパネラ」を、フジコ・ヘミングさんの前で披露しました。

ゲストの広瀬すずさんは「カッコイイ」と感動。VTRを見つめながら涙をながしていました。

そら
ネットでも多くの方から感動したとコメントがありました。

本当に難しいこの曲は、たくさん練習したからといって誰でも弾けるようにはなりません。
手が早く動くかどうかは、生まれ持ったものも影響します。
この方、子供の頃からピアノ習っていたらピアノ上手になってただろうな。

今のバラエティー番組の中でも貴重な夢と笑いのある良番組。
毎年楽しみにしているし、今年も放送があることに喜びとホッとする気持ちになる。

諦めない勇気に気持ちを動かされます。すずちゃんも思わず涙しちゃったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です