EXIT兼近大樹世代間のギャップ「意味わかんないです」

5月17日に放送の「ワイドナショー」にEXIT兼近大樹さん初出演。世代間のギャップで「言葉の意味がわからない」

世代間のギャップについていけない

りんたろーさんが自身のツイッターで「おじさん芸人ー!わら半紙知らない時代がきてるぞー!面白いと思って言ったそのワードー!そもそも知らない」とツイートしたことを事に触れ番組でも話し合うことに。

兼近さんは「活躍している芸人たちが例えるのが昔の芸能人の名前」「プロレスの人とかで、こっちは気を遣って笑うしかできない。」「それを見てた若い子たちから、わかんないから見なくていいや!って、お笑いから離れていってたと思う」と語っていました。

スタジオでのワイドナ高校生の青木花さんに「わら半紙」について聞いてみると「何にも知らないです、見たこともなし」と答が。松本人志さんは「『何も知らない、知られちゃいけない』みたいに」と笑いながらも「『デビルマン』も知らんよな」と苦笑いに兼近さんは「『デビルマン』とかやめてくださいよ!なんすか『デビルマン』って」「視聴者は喜んでるかもしれないですよ。この世代は全然」とギャップに困惑していました。

昔の言葉に

「おかって(かって)」の意味を聞かれた指原莉乃さんは「かる?リュックとか」兼近さんは「勝手にしてみたいなこと?」そして女子高生の青木花さんは「『豆腐を買うわよ』みたいな感じで、買う」と答えスタジオでは笑いが起きていました。(答えは勝手口などから、台所・キッチンのこと)

ネタの例えが通じない

「(りんたろーさんが)ネタで使う例えなどが通じない」と世代間の言葉のギャップがあると言います。

兼近さんは「相方が漫才で電話のジェスチャーする時、必ず親指と小指を立てて耳に当てている」そして兼近さんが「やめろ‼そんな訳ない」と注意するも、りんたろーさんは「松本さんがこれでやっていた」と頑なに拒否と言います。

そして東野幸治さんからも「喫茶店に入ってカランコロンカランコロンは?」と聞かれ「カランコロン…意味わかんないです」と答えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です